RC web shop  RC AIRLINER 38

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング



商品名

Hobbywing FlyFun 80A-V5 Series ブラシレスアンプ(3-6S)リバースブレーキ搭載

価格

7,280 円 [消費税661円込み]

在庫

3

商品説明

Hobbywing FlyFun 80A-V5 Series ブラシレスアンプ(3-6S)リバースブレーキ搭載

このFlyFun-V5シリーズのアンプはリバースブレーキ機能(逆噴射)が搭載されています。
プログラムを変更する事により使用する事が出来ます。(プログラムカード又は送信機より変更)
ファンフライなどに搭載して超アクロバティックな飛行に挑戦してみるのもいいかも!?
逆向きホバリング!?

*リバースブレーキを使用される方への重要な注意*
リバースブレーキを使用時のエラーは解消されました。問題は受信機側ではなく送信機側の設定が
原因でした。このアンプでリバースブレーキ機能(逆噴射)はすべての受信機で問題なく使用できる
事を確認しました。受信機の方は関係ありませんでした。

リバースブレーキを使用する時には、正転と逆転を切り替えるためのSWチャンネルのエンドポイント
をスロットルchと同じかそれ以下の動作量(エンドポイント)に設定して下さい。
このSWチャンネルの動作量がスロットルchの動作量より大きい場合、スロットル信号損失保護機能
が働いて上手く動作しなくなります。

*例1 フタバT8FG FASST の場合
最初からスロットルchと5chが同じ動作量になっているので設定の必要はありません。
プロポの「サーボ」という項目で確認してから接続して下さい。

*例1 フタバT10J FHSS の場合
最初からスロットルchと5chが同じ動作量になっていません。5chの方が大きい動作量になっています。
5chのエンドポイントを(78<---->78)にセットするとスロットルchとほぼ同じ動作量になります。
プロポの「サーボ」という項目で確認してから接続して下さい。

*フタバその他、JRプロポ、その他のプロポ、に付きましては設定画面にてサーボという項目を見て
SWch動作量を確認して下さい。

*最後にプログラムカードで(項目1.)をリバース(value.4)にしてもスロットルを下げた時のブレーキ
は掛かりません。そのため普通のアンプと同じで飛行中にスロットルを下げた状態にしても
プロペラの回転は風と慣性によって止まりません。この状態の時にいきなりリバースにしてスロットルを
上げてしまうと過大な電流が一気に流れてアンプが壊れてしまう恐れがあります。
そのため、ブレーキを一緒に設定して下さい。設定の仕方は、プログラムカードで(項目2.)ブレーキ力を
最大(value.8)にセットすれば、スロットルを下げた時に回転が止まります。(value.7)以下では
ほとんどブレーキが掛かりません。

1.ブレーキの種類
ノーマルブレーキ:
このオプションを選択すると、スロットルスティックを下に動かすとブレーキ機能が作動します。
このモードでは、ブレーキ量はプリセットしたブレーキ力と同じです。

プロポーショナルブレーキ:
このオプションを選択すると、20%〜100%(トランスミッター上)のスロットルレンジは0%〜100%
のESCスロットル出力に対応し、スロットルレンジは20%〜0%(トランスミッタ)は、0〜100%の
ブレーキ力に対応します。

リバースブレーキ:
このオプションを選択すると、リバースブレーキ信号線(信号範囲はスロットル範囲と同じで
なければなりません)をレシーバーの空いているチャンネルに差し込む必要があります。
モーターの方向を示します。 0〜50%のチャンネル範囲がデフォルトのモータ方向です。
チャンネル範囲が50〜100%の場合、モーターは反時計回りに回転します。
チャンネルスティックは最初にESCの電源を入れると、0〜50%のチャンネル範囲(0が良いでしょう)。
リバース機能が有効になると、モーターは最初に停止してから逆方向に回転し、次に速度は
スロットル入力に反応します。ただし、信号損失、飛行中の逆ブレーキ信号損失または
スロットル信号損失に関わらず、スロットル信号損失保護が作動する可能性があります。


アンプより出ている短いコネクターはプログラムカード接続専用、長いコネクターの三本線が
付いている方はスロットルチャンネルに、一本線のコネクターは空きチャンネルに接続します。

この空きチャンネルのスイッチによって前進回転とリバース(逆回転)を切り替えます。
リバースブレーキという名前の通り回転の切り替え時(スロットルを一番下に下げ)には一度
ブレーキが掛かり(注 :設定7.以下ではブレーキが掛かりません)回転が止まります。
その後に送信機スイッチを切り替えてから再びスロットル を上にあげると逆方向に回転する
仕組みになっています。

*このリバースブレーキ機能を使いたい方のプログラムカードでの設定方法
1.の(Brake Type)を(4. Reverse)にセット
2.の(Brake Force)(ブレーキの強さ)を(8)のレベルにセットします。

*対応プログラムカードは、当店(FlyFun-V5 専用プログラムカード)です。このタイプの似ている
カードが多数存在します。違うと設定できません。お間違いなく。

他ではBECのボルトが設定変更ができます。(5.2V、6.0V、7.2V)(8A.連続-20A.瞬間)

*英文マニュアルはこちらから見れます。
https://cdn.shopify.com/s/files/1/0076/7098/8859/files/hw_v5_manual.pdf?16042768154625933252

●継続的/ピーク電流:連続80A/ 最大100A
●インプット電圧:3-6sリポ
● SBECアウトプット:5.2V / 6V / 7.4V(調整可能な)@8A/20A バースト
●通信サイズ/長さ:12AWG 150mm(モーター側)/150mm(バッテリー側)
●コネクタ:4.0mm金(モーター側)コネクタ/無し(バッテリー側)
●寸法:69.8x34.6x19.2mm
●重量:92g

DEOテクノロジー/アクティブなフリーホイール
ESCにおいて実施されたDEOテクノロジー(効率最適化を動かす)は、複数の利点を持っている:
フライトの間の●より急速およびよりスムーズスロットル反応、よりよい安定性、および柔軟性。
●より高ドライブ効率、より長いフライト時間。
●下ESC温度、より信頼できる操作。

柔らかい新興企業&逆ブレーキ
新しい柔らかい起動モードが規則的なプロペラ航空機に適用可能である および
種々のサイズを持つEDF航空機。可能であった 時 逆ブレーキモードによって
着陸はそれに航空機のスライディング距離を効果的に短縮できる
本当の航空機の着陸をシミュレーションしなさい(スーパー要点距離以内に)。
正常なブレーキモード、比例ブレーキモード、およびブレーキ身体障害のモード
また入手可能である;ブレーキ量は正常なブレーキモードで調整可能である
比例したブレーキモードの間、ブレーキ力は自動的にそうである
ラジオスロットル棒のポジションに基づいて割り当てられる。

強力なベック
それの継続的/ピーク電流を持つ強力なスイッチモードBEC
5.2Vと6.0Vと7.4Vの間で調整可能な8A/20Aと電圧は可能にする
より高いパワーによってより多くの電子機器または機器を持っているユーザー
サーボのように、管制官、およびそれらの航空機の搭載されたライトを撃ちなさい。

複数の保護
複数の保護機能は起動を含む、
過電流、熱的なESC、熱的なコンデンサー、
オーバーロード、スロットルシグナル損失(またはフェイルセーフ)、
そして、有効の異常なインプット電圧
ESCの耐用年数を延長する。

新しいデザイン&大きさの性能
新しいデザインは絶妙な表情およびよい熱消散性能をもたらす。
輸入されたコンポーネントおよびPCB(プリント基板) と 極端
ESC保証大きい現在持続により採用された低いインピーダンス、
優秀な性能と高信頼性。ESCは中で入手可能である
種々のAmpsを持つ高電圧/規則的なバージョン。

複数のプログラム化可能なパラメータ
セットアップ of 固定翼なので、違う のための複数のプログラム化可能なパラメータ
航空機はトランスミッターまたはHobbywing LEDプログラムボックスを経て調整可能である。

数量 [半角数字]


商品レビュー数:0件 商品レビューを書く